シーンに合ったきちんとしたネクタイ選び

subpage01

世の中の男性にとっては、ファッションで切っても切れない必需品となるアイテムのひとつにネクタイがあります。
それは、スーツに着用するだけで、世界中で通用するフォーマルスタイルとなりえるからです。
ビジネスマンなら普段の仕事着でも着用することが多いですが、仕事以外でも、特別なイベント行事なら必ずといっていいほど必要となってきます。


例えば、結婚式、お葬式、また就職活動などです。

ネクタイを着用するシーンは様々ですが、スーツやワイシャツ以上に顔の近くに位置するネクタイは、それだけでその人の印象がかなり違ってみえます。


きちんとした場でスーツを着用する場合は特に注意が必要です。

ネクタイならこちらが人気です。

清潔感のあるきっちりとしたスーツを合わしていても、ネクタイひとつでだらしなく見えたり、センス悪く見える場合があるからです。


それで、クールな印象、爽やかな印象、知的な印象など、そのときそのときの必要な状況に合わせて自分の第一印象を左右する重要なアイテムとして、正しい選び方と正しい結び方をマスターすることは必須となってきます。



また特別なシーン以外でも、普段の生活の中で着用するのもおしゃれな活用法といえます。


その時や場所に合わせて結び方を少し変えるだけで、用途の幅が広がるからです。



使いやすいタイプによって使用頻度や応用範囲も異なってきますが、自分に合ったこだわりの一本を身につけられると、生活に変化をもたらしネクタイ生活を楽しむことができるかもしれません。


知識を増やす

subpage02

ネクタイを締めた時、気になるのが長さで、スーツのジャケットを脱いだ時、長すぎても短すぎてもかっこうが悪いです。長すぎるとだらしなく見え、短すぎるとカジュアルに見えて何だか変に見えてしまいます。...

NEXT

生活の情報まとめ

subpage03

ネクタイを着用する際、いくつかのルールがあります。例えば長さはベルトにかかるくらいで、幅はラペルやジャケットの下襟の幅に合わせます。...

NEXT

生活の特徴

subpage04

世間の人は、ネクタイと聞くとスーツとともに着用するもので、喉の下に逆三角形の結び目があり、ベルトの付近まで垂れているものをイメージするでしょう。実は、これはたくさんあるネクタイの種類の一つで、ダービータイと呼ばれています。...

NEXT

意外な事実

subpage04

ネクタイはお洒落の代名詞であり、男性のとっては数少ないお洒落をアピールするツールですから、これを放置しておく手はありません。地球温暖化、エネルギーの節約などから、省エネということが叫ばれ、その結果で服装も省エネ的なものが主流になりました。...

NEXT