ネクタイにはカジュアルやビジネスなど種類はさまざま

subpage01

ネクタイを着用する際、いくつかのルールがあります。

ネクタイの知識を持つことが重要です。

例えば長さはベルトにかかるくらいで、幅はラペルやジャケットの下襟の幅に合わせます。テクニックとして、くぼみ、いわゆるディンプルを作るという方法もあります。



代表的なネクタイの種類として、ダービータイやニットタイ、ボウタイ(蝶ネクタイ)などがあります。

ダービータイは最も基本的なスタイルで、先が三角形に尖っており、結び下げタイプのものです。

ダービータイは大剣の幅のサイズによって区分することができ、レギュラータイは幅が7〜9cmのもので、ビジネスシーンやカジュアルシーンで使えます。



ナロータイは幅が4〜6cmのもので、スリムタイと呼ばれていて、カジュアルシーンやパーティーなどで着用します。最近ではオフィスでも使われています。ワイドタイは幅が10cm以上のもので、最近ではあまり見かけないタイプです。

ニットタイは編まれたタイプのもので、先端が三角形でなく水平のデザインで、スクエアタイと呼ばれています。あまりフォーマルなシーンでは使用できませんが、ビジネスでもカジュアルでも大丈夫やオフィスや、普段の服装などにも取り入れることができるので、着こなしの幅が広がるでしょう。
ボウタイ(蝶ネクタイ)はもともと夜の礼装用ネクタイでしたが、最近ではカジュアルなシーンでもよく使われています。

ボウタイはバタフライやセミバタフライなどの先端の幅や形によってさまざまな種類があります。